アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »強さの源

アクシア社長のオフィシャルブログ

強さの源

今週から10月。グッと秋の気配が濃くなってきました。

9月もなかなか晴天に恵まれず、(数日ありましたが

続きませんね)10月に期待、ですね。


実は研修という場って、日常の思考や行動のクセがよく

出ます。実によく出ます。普段の仕事とは違うから、

際立ってくるのでしょうね。アクシアの研修の多くは、

ワークを中心に行うので特によく出るのでしょうけれど。


その中の日常の行動の差がよく出ることの一つが、


「発言の強さ」


発言の量ではなく、強さ。

重みというか、説得力というか、引き込む力というか。


発言の強さの源を考えていくと、行き着くことの一つが、


「他人からの評価を手放している」ということかなと。

「他人からどう見られているかどうかを気にしていない」

と言い換えることができるかもしれません。


もちろん、言いっ放しでもなく、自分の発言の影響を

考えていない訳でもないのですが、他人からの評価を気にせず

に自分の心からの気持ちをきちんと発言しているからこその

強さ、なのです。


人はみんな凄い力を持っています。才能に溢れています。

私はそう信じているのですが、周りの評価ばかりを気に

していると自分の考えが前に出てこなくなってしまうのです。

凄い力や才能が影に隠れてしまうのです。


どう見られているか、どう評価をされるのかに少し目をつぶって

考えていることを、サラっと言って見ませんか。

多分何かが大きく変わると思いますよ。

 

【今週の1冊】

「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です」
カレン・フェラン著 神崎朗子訳 2014年大和書房

コンサルタントがコンサルティング会社の内幕を書いた一冊。
・「戦略計画」は何の役にも立たない
・「数値目標」が組織を振り回す
・「マネジメントモデル」なんていらない
・「リーダーシップ開発」で食べている人たち
など過激なタイトルがついた章が並び、
コンサルタントが提案する新しい戦略論など、流行りの
ダイエットやエクササイズだ。と断言する。
(毎年のように◯◯式ダイエットとか出ますよね)

なるほど、そうですよね。経営戦略の指南が正しければ、
コンサルティングファームの業績は常に絶好調だし、
話は少しずれますが、営業研修会社の業績は右肩上がりのはず!

具体的な失敗事例もたくさんできてきます。
それもこれも結局、未来の事は誰にもわからないということに
尽きてしまうのですが、要はコンサルティングファームを
正しく使いましょう。ということ。

つまり、「出来上がった作戦そのものは役に立たないが、
作戦を立てる行為こそが重要」
「計画を立てる課程にこそ価値がある」「自分たちで頭を
絞って考え、自分たちで学び発見するプロセスにこそ価値がある」
ということなのです。まさにその通り。

丸投げせずにコンサルティングファームは正しく使いましょうね。
 

 

2017/10/02

アクシア社長のオフィシャルブログ

SHOP axia

HOME

アクシアスタッフだより

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

採用適性検査

無料小冊子

会社概要

講師紹介

最新トピック

お問合せ



 

     
 

メルマガ会員登録