社員研修・人材育成

HOME» 社員研修・人材育成 »HRB(ヒューマン・リレーション・ビルディング)

社員研修・人材育成

HRB(ヒューマン・リレーション・ビルディング)

対象者  若手社員、中堅社員、管理職   ヒューマン・リレーションシップ・トレーニング写真
対象人数  20~24名 
所要時間  1日

 

 ポイント
気持ちの面から相手に関わり安心感を与えることで、絶対的な信頼関係を構築する方法を学ぶ
「私は分かっている」という信念・思い込みを手放す大切さ、共感的に人に関わることで
   (異なる価値観の人と)確かな人間関係を築くスキルを身に付ける
対話演習を繰り返し行うことにより、知識としての理解だけでなく、身体で覚えて行動の定着化をはかる

 

概要・特徴

 

icon HRB(ヒューマン・リレーション・ビルディング)とは

 

異なる価値観を持つ人や、異なる働き方の人を、本当の意味で受け入れていないのに、
「自分はわかっている」「自分は協力的だ」
と表層レベルで分かったつもりになっている管理職に苦労したことはありませんか?

こういった状況に対してコミュニケーションのスキルやテクニックを学ぶ研修を繰り返しても、本当の意味での信頼関係構築はできるようになりません。そこで、本当の意味で信頼関係を築くために必要なのが『HRB(ヒューマン・リレーション・ビルディング)』です。

『HRB』とは、組織運営や人間関係における信頼関係を構築する上で基礎・土台となる部分です。基礎が築けていなければ、応用はできません。本トレーニングでは、全ての土台となる人間関係の本質・大切さを体感的に理解すると同時に、絶対的な信頼・安心の関係を構築するポイントを学びます。
 

 

icon プログラムで学べるポイント

 

 共感される体験、共感する練習を通して、共感することの力を知ることができる
 練習を繰り返すことで、共感することは自分でもできることを知る  
 共感は様々な場面で使えることがわかる  

 

icon プログラムの特徴

 

1) 気持ちの面から関わり、相手に安心感を与える

相手の内側に入って気持ちに触れていくことで人間関係の土台ができ、結果的に安心感を与えることができます。そこで大切なのが「聴く」「受け止める」「返す」のインパクトです。「関わる側」「関わられる側」の気持ち・感覚を体感する演習を繰り返し行い、“気持ちの面から関わることで生まれる安心感”を実際に体験していただきます。

 

 

 

2) 対話とフィードバックを中心とした実践型プログラム

国籍、性別、働き方も様々な社員を相手に、ペアやグループでの対話演習ならびにフィードバックを中心に進めていきます。他者からの客観的な視点を知ることで自身のコミュニケーション上の課題を見つけ、「私は分かっている」という信念・思い込みを手放す大切さを身をもって理解していただきます。さらに、共感的に人に関わることで(異なる価値観の人と)確かな人間関係を築くスキルを身につけていただくと共に、他者との信頼関係を構築するポイントを学びます。

 

プログラム内容

 

AM 1.  オリエンテーション
  ・研修のねらい
2.  場を創る
 ・場を創るとは
3.  質問する・引き出す
PM 4.  聴く・受け止める  
5.  観る
  ・観るとは
 
6.  ヒューマンコミュニケーションの応用練習  
7.  終了  

 

お問い合わせはこちら

社員研修・人材育成

SHOP axia

HOME

アクシアスタッフだより

研修実施報告

セミナー情報

採用適性検査

無料小冊子

会社概要

講師紹介

最新トピック

お問合せ



 

     
 

メルマガ会員登録