アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ » 素直のままでいること

アクシア社長のオフィシャルブログ

素直のままでいること

伸びる新人の特徴は?と聞かれると必ず出てくる答えの

一つが、「素直なこと」


素直な方が学びが早いし、教え甲斐もあるし、吸収も早い。

素直かどうかで1年経つと大きな差がついてきますね。ただ、

まあこれは当たり前で、新人の多くは素直だから大半はすく

すくと育っていく。問題はその後ですよね。


中堅になりベテランになってくると途端に素直な人が少なく

なってくる。そして、これは企業の差も大きくなってくる。


素直なベテランが多い会社は、若手の意見も活発だし、ことに

柔軟に対応することができている。素直じゃないベテランが

多い会社は、「最近の若い奴は、、、」「昔はこうだった」と

いうセリフが飛び交い(そこまではないですかね)、新しい

ことにまず否定から入ったり、若手の意見をそもそも聞かな

かったりで、変化の対応できない。


人ってどうして年をとると素直のままでいることが難しく

なるんでしょうね。プライド?保身?

ともかく、素直で無くなった人は成長がストップしてしまい、

場合によっては退化していることもあったりします。だって、

人の話を素直に聞けない人には新しい情報も入ってこないし、

新しい体験の機会も生まれませんからねえ。


素直であるための秘訣、、、他の人から言われたことは、

ともかくまず受け入れてやってみる!だと思っています。

 
       

【今週の1冊】

「新企画 渾身の企画と発想の手の内全て見せます」
 2016年 幻冬社 鈴木おさむ著

売れっ子放送作家、鈴木おさむが子育てのために1年間休業
していた時の思い浮かんだ数々の企画がまとめられています。

それにしても鈴木おさむってすごいですね。あれもこれも、
この番組も絡んでる。アイディアが湯水のように湧き上がって
くるのでは、、、。と思ってしまいます。
そんな種明かし的なところもしっかり触れていて楽しい。

・「好奇心」こそ企画づくりの源流
・「自分がワクワクするか?」を大切にする
・一回バカになれる人だけが常識を打ち破る
・目指すは「なんで今までなかったのだろう」

など企画出しのポイントが実際の企画の後に解説。
実例が細かいだけに納得です。

それにしても、これだけの企画を考えて、実際に番組になって、
と参考になることばかり。これからも新しい研修の企画を考え
ていきたいなととても刺激を受けてしまいました。

 

2018/11/13

アクシア社長のオフィシャルブログ

セミナーのお申込みはこちら


 

    

SHOP axia

HOME

アクシアスタッフだより

最新トピック

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

無料小冊子

会社概要

講師紹介

ラッパー社労士のコラム

健康な職場づくり応援団 ◆林朋子◆

のだぶちょーからのお便り

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録