アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »代役をこなす

アクシア社長のオフィシャルブログ

代役をこなす

実は私、仕事の合間を縫って自分自身でもセミナーを受講したり

講演を聞きに行ったりしているのですが、先週参加したセミナーは

とても興味深いものでした。セミナーの内容もさることながら、

今このテーマはキテルな!と日本はまだまだこれから明るい!

と感じることができました。


そんな週末に楽しめたのが大河ドラマ。今まで見たり見なかったり

なのですが、今回は開始前の話題もあって興味をそそられてしまい

初回から見ようかなと。

長丁場のドラマなので、最初は顔見せ的な場面が多いのですが、

悪くない。1年続けて見るかもしれないとの予感を感じさせて

くれました。敢えて言えばもっと大胆にお金を使って海外ロケや

大規模なセットを作ってこれでもか!という押し出しの強さが

足りない、、、。と書いてて思い出したのですが、新国立競技場

はザハ・ハディド氏のデザインで作って欲しかった。デザインは

夢であり、想像を書き立てられるものであり、心を揺さぶるもの

であるはずなのに。


で、その大河ドラマですが代役を感じさせない演技の期待もあって

これからとても楽しみです。

演劇のようにダブルキャストでもなく、突然の代役って実力が

そのまま出ますよね。それをこなすには日常のあり方と努力が

大事。いきなりの実力テストですね。これをクリアできるか

どうかでそのあとのキャリアが大きく変わってきます。

そのチャンスをつかめるかどうかも含めて。


チャンスは平等にそこかしこに転がっています。そのチャンスを

つかめるかどうかはその人次第。

いつでも代役がこなせるように準備していたいものです。

無理なオーダー、こなせますよ!
 
   
 
【今週の1冊】

「イマドキ部下のトリセツ」
 2019年 麻野進著 ぱる出版
 1997年 角川文庫

仕事でもお世話になっている麻野さんの新作。仕事絡みの本は
ほとんど紹介したことがなかったのですが、面白かったので
今回は取り上げてみます。

イマドキ部下=最近の若者は、、の話ではなく、若い部下も
年上の部下も、そして契約形態が異なる部下全てがイマドキ部下。
イマドキ部下だらけの管理職はどうしたらいいのか?
ということなのですが、秀逸なのがその上司もイマドキ上司
であるという事実。管理職自身も十分にイマドキですからね。

自分のことを振り返ってみても30年前とは働く環境や働き方など
大きく変わっています。
みんな当事者、そんなイマドキのマネジメントの参考になります。
 

 

2020/01/24

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

のだぶちょーからのお便り

ビジネス数学検定

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録