アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ » スルー力(りょく)

アクシア社長のオフィシャルブログ

スルー力(りょく)

二度目の緊急事態宣言も折り返し。報告される陽性者数も
減ってきているようでちょっと安心しています。
先週久しぶりに夜の飲食店を歩く機会があったのですが、
半分のお店は閉まっており、残りの店も20時閉店。
従って歩く人もまばら。この状態が続くとどうなってしまう
のでしょう。夜の飲食店でも会話しない一人での食事は認めて
欲しい。そう思う1月最後のメルマガです。

今年は年明けから忙しい毎日が続きます。昨年から仕事の
領域が広がりました。Zoomでの研修もバリエーションが
広がり、多分どんなパターンも対応可能!ということは
どんなバリエーションでも最初があるのでドキドキなのですが、
それが刺激になっていてとても楽しい。ですが、プレッシャーも
半端ない。

そこで大事になってくるのが、スルーする力、スルー力(りょく)
ではないかと。

初めてのことにはしっかり準備をします。いろんな場面を想定し、
対策し、練習し、試し、修正して、と。
それでも本番には想定外のことも起こるのですが、しっかり準備を
していれば大きな事故につながることはまず無い。ですが、
かすり傷は負ってしまいます。そんな時こそ、スルー力!
かすり傷は自然に治る。立ち止まるより立ち上がって前に進もう。
ということなのです。

中には、そのかすり傷に塩を塗り込んで来ようとする人も
いたりするかもしれませんが、そんな時こそ『スルー力』ですよ。

子供の頃はいつも駆け回って、膝と肘はいつもカサブタだらけ。
カサブタがあるからって走るのやめたりしませんでしたよね。
ちょっとした痛みをスルーする力、思い出しています。
【今週の1冊】

「生まれ出づる悩み」
 1918年 有島武郎/著 

この時代にありがちな地方から東京に出てきて悩み
苦しみ自殺する書生の話かと思っていたのですが、
そうではありませんでした。漱石の小説のように自殺
もしません。

メインの舞台は北海道岩内。冬の北海道の自然を想像
しながら読んでいいくとその情景が目に浮かんできます。
漁師に生まれそこで生き、自分にはその生活しかない
ことがわかっているのに絵を描くことの衝動が抑えきれ
ない。持って生まれた才能、欲求があるが故の苦悩。

ほんの100年前はそんなことも当たり前だったのかも
しれません。あるいは、そんな時代の中でも這い上がって
きたから優れた芸術が生まれてきたのかも。
だからこそ若い才能は応援したい。

最後の一文が心に染み入ります。
「君よ、春が来るのだ。冬の後には春が来るのだ。
君の上にも 確かに、正しく、力強く、永久の春が微笑めよかし
僕はただそう心から祈る。」

コロナの時代は終わります。

 

2021/01/25

アクシア社長のオフィシャルブログ

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

HOME

    

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録