セミナー情報

HOME» セミナー情報 »<終了>4/21(金)どうする!?”女性活躍推進法”行動計画実践プラン

セミナー情報

<終了>4/21(金)どうする!?”女性活躍推進法”行動計画実践プラン

無料セミナー 人事・経営幹部向けセミナー情報 ダイバーシティ
border
  ■ 4月21日(金) 13:15~14:45

   さあ、今こそ!! 攻めの働き方改革     <受付終了>

           どうする!?"女性活躍推進法"行動計画実践プラン

                        
~効果ある3つのSTEPを特別大公開!

border

 今回のセミナーでは前半を野田講師が、女性活躍推進、働き方改革は、なぜ真剣に取り組まなければならないのか?というレクチャーを。
後半は岩野講師が、それらを具体的にどう進めていけばいいのか?をお話します。


border

check
女性活躍推進法に則り、行動計画を策定・公表したが実効性が伴っていない。

check
女性活躍のために、多様な働き方を認めるいくつかの施策を実行しているが、社内全体の理解を得られていない気がする。

check
長時間労働が前提となっていて、生産性の向上をどのように進めていいか頭が痛い。
 
このような事でお困りの企業様、セミナーでは実行のための3つのSTEPをご紹介します。
                                         
 

border

 

 野田講師よりメッセージ

女性活躍推進法が施行されて1年が経ちました。HPに施策を掲載してはいるが、実のところどう進めていいかわからない、というお声をよく聞きますが、皆さんの会社ではいかがでしょうか?

さらに、今は「働き方改革」が叫ばれています。長時間残業は従業員の体や精神面への問題を引き起こしており、生産性向上は待ったなしとなっています。

このように女性活躍推進も働き方改革も喫緊の課題となっていますが、なぜか“やらされ感”の中で “担当者の個別の課題”になり、後ろ向きにとらえられているような気がします。

女性活躍推進と働き方改革は、企業に長期的な成長をもたらすための戦略の中に位置づけられるべきであると私たちは考えています。つまり、多様な人材無くして企業革新は望めません。特に日本では今まで企業で活躍の場を与えられてこなかった女性が企業成長のカギとなっています。だからこそ、ライフイベントを抱える女性の多様な働き方が認められる必要があり、長時間労働を排するための生産性向上が必要なのです。

この公開セミナーでは、いかに企業が長時間労働から脱却して生産性を高めていくのかについて、女性活躍推進や多様な働き方の取り入れ方にも触れながら、企業成長という軸の中でお話ししたいと思っています。

 

セミナーご案内資料 ◀ セミナーご案内資料2017.4.21
Adobe Acrobat ドキュメント [1297 KB]
 

 

                                          
 

 

 詳細情報

 

  日 時 4月21日(金)13:15~14:45  (受付 13:10~)
  場 所 ちよだプラットフォームスクウェア 506
〒 101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21 

  
  【アクセス】 地下鉄東西線 竹橋駅 徒歩2分 / JR神田駅 徒歩12分 他
  定 員 15名
  対 象 者 人事・教育ご担当者様、経営者様
※ご同業や個人、士業の方からのお申込はご遠慮いただいております。
予めご了承ください。
  費 用 各社1名様まで無料。2名様以上の参加ご希望の場合は、1名につき1万円(消費税別)
  スピーカー
 
野田 弘子


プロビティコンサルティング株式会社 代表取締役)

公認会計士。
約20年にわたり、複数の外資系金融機関で経理部長を歴任し、財務報告、管理会計等、広く財務経理業務に携わる。
2006年より、会計コンサルタントとして、経理部の活性化と経営に役立つ会計のセミナーに取り組んでいる。また、女性管理職としての自らの経験を基にした、女性社員対象のセミナーやダイバーシティをテーマにした講演でも定評がある。
東京大学法学部卒。大乗淑徳学園淑徳大学公開講座講師、亜細亜大学大学院 アジア・国際経営戦略研究科 戦略会計担当 非常勤講師
スピーカー
 
岩野 敬一郎


(株式会社アクシア 代表取締役)
 

1987年 株式会社リクルート入社。人事(採用、育成)、営業マネジャーを歴任し、研修プログラムの開発、研修トレーナーを歴任。1999年リクルートを退職し、独立。
研修実施のポリシーは、「企業研修で求められていることは“できるようになること”」知っている、わかっているだけでは意味がない。研修は、理解した上で、実践してみる訓練の場である。

 

 

 

2017/03/03

セミナー情報

セミナーのお申込みはこちら


 

    

SHOP axia

HOME

アクシアスタッフだより

最新トピック

社員研修・人材育成

研修実施報告

無料小冊子

会社概要

講師紹介

ラッパー社労士のコラム

健康な職場づくり応援団 ◆林朋子◆

のだぶちょーからのお便り

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録