アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »本当にがんじがらめ?

アクシア社長のオフィシャルブログ

本当にがんじがらめ?

ハラスメント、コンプライアンス、ダイバーシティ、、、

カタカナのそんな言葉に踊らされているのでは?

と感じることが増えてきました。


これやったらパワハラ!それ言ったらセクハラ!

コンプライアンスのために、書類が増え、手続きが増えて大変。

ダイバーシティ?何をどうしたらいいか指針を示してくれないと

動けません!そんな状態を目にすることが増えてきました。

マイナスに捉えてしまうとこんな反応になったりします。

・いろいろ面倒だから考えることはやめて言われた通りにやろう!

・言われた通りやってても成果は上がらないから、どうやって

 裏をかいてやろうか


いやいや、それではダメでしょう。


自分が今まで信じてきたことと違う、新しい概念であっても

その本質を考えて、知恵をしぼることができなければ、時代に

取り残されてしまいます。


ハラスメント。昔はこうだったし、自分もそれで強くなった。

→アウト!


コンプライアンス。法令を守ればいいんだよね?内規の方が

厳しいから内規違反だけど、法には反していないからOK?

→アウト!


ダイバーシティ。女性が働きやすい環境を作ればいいんでしょ。

→アウト!


いずれも本質を理解しようとみんなで本気で考えること。

多分、答えはそこからしか見つかりません。そして、その答えは、

変わり続ける。つまりは考え続けるしかないと思うのです。

 
      

【今週の1冊】

「サピエンス全史(文明の構造と人類の幸福)」
 2016年(初版) 河出書房新社
 ユヴァル・ノア・ハラリ著 柴田裕之訳

先週、先々週の「ホモ・デウス」の前に出版された本ですが、
先週購入し、2018年でなんと53刷!すごいです。

それだけ面白い。「ホモ・デウス」は主に人類のこれから、
のことが書かれていますが、この本はタイトル通り、
”ホモ・サピエンス”とは何か。を追求しています。

他の動物と人類の違いは何か?狩猟採集民族から農耕民族に
変わったのは進化なのか?幸せなのか?
なぜ、ホモ・サピエンスが反映できるのか?宗教とは?貨幣とは?
多様性、差別、帝国、、、
様々な視点を与えてくれます。頭の中が揺さぶられます。
ということで、この本も2回、3回と読んでいくと、心に刺さる
フレーズが変わってくるのでしょうね。

実は今まで読んできた本の多くは手元に残していないのですが、
この本は「ホモ・デウス」と一緒にしばらく手元において、
読み返してみます。
 

 

2018/10/09

アクシア社長のオフィシャルブログ

セミナーのお申込みはこちら


 

    

SHOP axia

HOME

アクシアスタッフだより

最新トピック

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

無料小冊子

会社概要

講師紹介

ラッパー社労士のコラム

健康な職場づくり応援団 ◆林朋子◆

のだぶちょーからのお便り

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録