アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »自分の言葉で

アクシア社長のオフィシャルブログ

自分の言葉で

今週もラグビーです。なんとアイルランドに勝つなんて!

完全なるにわかファンですが、アイルランドの初戦を見て、

こんなチームに(スピードも突破力も力強さもある)日本が

勝てる訳ないと思ってしまっていたのですが、日本チームは

本気で勝つと考えて勝つための練習を繰り返し、戦略を練って

いたのですね。


そんなアスリートのインタビューを見ていると、強い人、伸びる人

活躍し続ける人は自分の言葉を持っていることがわかります。

自分の感覚を言葉にすることができるから振り返ることができる

し、繰り返すことも修正することもできるのでしょうね。


研修でも同じことを感じます。自分の言葉で語れる人はその後で

確実に成長していますね。研修の内容を自分ごととして捉え、

頭の中で自分の言葉に変換できているから、実行できる。

つまり、自分の言葉で語る=実行できる ということなのでしょう。


表面的に綺麗なこと、文句のつけようが無い言葉であっても

自分で言葉にしないとすぐに流れてしまうし、忘れてしまうし、

自分のものになっていないから行動できません。


ということで、「自分の言葉」で語ることを伝えるのですが、

意識するとそんなに難しくありません。ペアを組んでまず話す。

そして相手に質問してもらう。自分が発した言葉であっても質問を

受けることで、「あれ?なんかしっくりこない」という感覚が生まれ、

これを何度か繰り返すとだんだん自分の言葉になっていきます。

ただ、1回ではダメで何度も訓練する必要がありますけどね。


自分の言葉を手に入れたら強い!ですよ。

 
        

【今週の1冊】

「エンデの遺言 根源からお金を問うこと」
 2000年 河邑厚徳+グループ現代 NHK出版

NHKで放送された番組をまとめたもの。お金とは、貨幣とは
そして経済(活動)とは何かを考えるきっかけを与えてくれ
ました。物体としての貨幣をみることはここ数年でホントに
少なくなりました。電車も買い物も物体としてのお金がなく
ても事足ります。財布を忘れて外に出ることもしばしば。

ここに書かれていることはその時の最新の情報のはずですが、
20年経つと古臭く感じてしまうものなのですね。お金に関する
ことですらこうですから、世の中には変化しないものは無い。
そう感じさせてくれます。

 

2019/10/01

アクシア社長のオフィシャルブログ



   

HOME

アクシアスタッフだより

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

のだぶちょーからのお便り

ビジネス数学検定

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録