アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »マネジャーは楽しい!

アクシア社長のオフィシャルブログ

マネジャーは楽しい!

ひと雨ごとに春が押し寄せてきています。もうグイグイと!
気づいたら桜は満開。散歩の最中に「開花宣言してたっけ?」
と思って調べてみたら、満開宣言されていました。
ここ最近の記憶が飛んでしまっていたようです。

そんな記憶が飛んでしまった原因であろうことの一つが、
マネジャー研修。この時期は新入社員をテーマにした研修、
フォロー研修や受入れメンター研修が多いのですが、今年は
その合間を縫ってマネジャー研修が目白押し。これもZoomの
おかげです。年度末の忙しい時でも、会場を押さえなくても
移動しなくても開催できますからね。

さて、そんなマネジャー研修で
「マネジャーになってあなたは何をしますか?何がしたい?」
ということを考えてもらうのですが、意外と出てこない。

マネジャーって、組織の力を使って自分のやりたいことが
できるようになることが醍醐味なのに、自分のやりたいこと
なんて忘れてしまっている人が結構多いのです。
マネジャーになったのに、管理や報告業務で忙しくなったり
誰かの奉仕役になってしまったりで自分を見失ってしまっている。
これでは元気出ませんよね。

マネジャーのみなさん、あなたは何がしたいですか?
その実現のために部下の力が必要だから部下を成長させないと
いけないし、仕事を改善していく必要がある。
周りを巻き込むために、その人達との利害を調整しないといけない
それはあなたがやりかったことの実現のため。

目的を見失ってはいけませんよ。
      

【今週の1冊】

「戸川秋骨ものがだり」
 2021年 松井浩章/著 熊日出版 

とても好きな時代、1800年代から1900年代半ばの日本の文学史
とでも言えるのかな。混沌とした社会の中で新しい仕組みや
ルールが生まれていく中で生きてきた戸川秋骨という人物。
多分無名です。が、その周りには夏目漱石、嶋崎藤村、樋口一葉、
与謝野鉄幹、与謝野晶子がいて、とても豊かな時代だった感じが
伝わってきます。

新しい仕組みを作るエピソードの一つが、西村伊作が
文化学院という学校を作ったというくだり。
長女の進学に当たって理想とする学校がなかったので、
与謝野鉄幹・晶子などの声をかけて学校設立。
校舎も自分で設計し、著名な講師陣を揃えて開講。
現代、理想の教育のために塾を作る話はあってもその規模が違う。

そんな人たちに囲まれた戸川秋骨。最後のツメが甘かった
ということはご愛嬌ですね。
 

 

2021/03/30

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録