アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »短期的な成果を求められているから、、

アクシア社長のオフィシャルブログ

短期的な成果を求められているから、、

このフレーズ、マネジャー研修でよく聞くフレーズなのですが、

聞くたびにいつも疑問に思ってしまいます。

本当にそうなの?誰から求められているの?


そして、このフレーズの後に続くのが、

「だから部下の育成が思うようにいかない」とか、

「腰を据えて大きな課題に取り組まない」とか、

まあ出来ていないことの言い訳なのですが、本当に一体誰が

短期的な成果”だけ”を求めているのでしょうか?

そう、多分誰も求めていない。


そもそもマネジャーには短期的な成果と長期的な成果の両方をあげ

ことが求められています。この両者を求めることは当たり前のこと。

(と、書いているとやはりマネジャーは管理職ではなく、経営職と

 言った方がしっくりきますね。)


さて、ではどうしてこのようなフレーズが出てくるのでしょうか。

それはマネジャーが自分自身の評価を気にし過ぎているからでは

ないかと。つまり自分自身の弱さからそのような行動をとって

しまっていることの責任転嫁。


今、多くの企業が人手不足。その解消のためには一人ひとりの

能力を上げていくしか方法はありません。しかし、人は短期間では

育ちません。でも時間をかけたら必ず育つ。

それがわかっていないで「短期的な成果を求められて、、、」と

言っているマネジャーは変わってもらった方がいいかもしれませんね。

 

【今週の一冊】

「SHOE DOG」
2017年 東洋経済 フィル・ナイト著 大田黒泰之訳

売れていて面白いと聞いていました。私の趣味の一つがランニング。
そして日曜日は東京マラソンで、日本記録を更新した設楽悠太の
激走を目の前で応援しました。
「SHOE DOG」ナイキ創業者のフィル・ナイトの自伝です。
とてもいい本に巡り会えました。

「信念だ。信念こそは揺るがない」

本の中で最も印象に残ったのがこのフレーズ。

私は走ることを信じていた。みんなが毎日数マイルを走れば、
世の中はもっと良くなると思っていたし、、、
この私の信念を理解してくれた人たちが、この思いを共有したいと
思ったのだ。
「信念だ。信念こそは揺るがない」

自分はここまで信念を持って仕事をしているのだろうか?

長くこの仕事(研修、人材育成)をしていて、私が心から信じて
いることは”信じること”
この人はできる。変わることができる。もっと能力を発揮すること
ができる。そして、みんなもっと楽しく仕事ができるようになる!
このことが私の信念かもしれません。
信じることで変わっていく姿を何度も見てきましたから。
そんなことを考えさせてくれた一冊です。

そして、登場人物である ヒラク・イワノ氏がピュアな心の持ち主
であったことに感謝です。

 

2018/02/27

アクシア社長のオフィシャルブログ

セミナーのお申込みはこちら

 


 

    

SHOP axia

HOME

アクシアスタッフだより

最新トピック

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

採用適性検査

無料小冊子

会社概要

講師紹介

ラッパー社労士のコラム

健康な職場づくり応援団 ◆林朋子◆

のだぶちょーからのお便り

お問合せ

 

     
 



メルマガ会員登録