アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »デザインの話

アクシア社長のオフィシャルブログ

デザインの話

今回は珍しく、ほんとうに珍しくデザインの話です。


最近街でよく見かけるようになった新型プリウス。

どうもデザインがかっこ悪いと思うのです。特に後ろ姿。

ゴテゴテしていてなんだかなあ。という感じ。

デザインセンスがあるわけでもないので(どちらかというと

自信がない)他の人はどう思っているのだろうと心配に

なって「プリウス デザイン」で検索してみました。


そうしたら、出てくる出てくる、たくさん出てくる。

「プリウス デザイン 酷い/悪い/最悪・・・」安心しました!

結構多くの人がそう思っているんだなと。


さらにその検索の中で気になったのが、豊田章男社長の

インタビュー。「ずっと言ってますよ。プリウスはカッコ悪い」

なるほど、、、。社長もそう言ってるんだ。でも変えないんだ。


あ、でもそれがトヨタの強さの一因なんですかね。


上にモノが言えない会社、上が言うことが絶対の会社であれば、

社長が「カッコ悪いなあ」と言ったら、社長直下の人が

「社長がそうおしゃっている。すぐにデザイン変更しなさい」

とデザイン責任者を呼び出して命令するか、

そんなことが何度かあるとデザイン決定の過程で社長の意向を

組んで、社長が気に入りそうなデザインにしてしまうか、、、。


まあ、そのいずれでも斬新なデザインはできないでしょうねえ。


で、そのプリウス。売れています。

今年1月-6月の最量販車種なんです。


デザイン以上のスペックなのか、あのデザインが受け入られて

いるのか、それは変わりませんが、売れないデザインではない

ようですね。


さて、その昔とある自動車メーカーの研修を行っていた頃、

その会社では設計、デザインなど各々の責任者が開発の途中で

異動したりなどなかなか信じられないことが起こっていました。

当然出来上がった車は売れません。販売がどんなに頑張っても。

クルマ作りの段階で誰も責任取りません、いや取れませんから。


仕事をしていると、外野から色々言われることありますよね。

でも自分が任された仕事は誰がなんと言おうと自らの責任に

おいて進めて行きたいものですね。


ところで私がかっこいいと思っていた車はスバルアルシオーネ。

画像を検索してみましたが、時代は回ってとってもとっても

未来的なデザインでした。
 
【今週の1冊】
「君に友だちはいらない」
2013年 瀧本哲史 講談社

君に友だちはいらない必要なのは・・・。
夢を語り合うだけの「友だち」ではなく、
ともに試練を乗り越え、ひとつの目的に向かって突き進んで行く
「仲間」だ。
といきなりネタバレですが、これからの社会に必要な生き方を
示している一冊。

考え方はそれぞれ、生き方もそれぞれ。そんな中で強く生きて
いくための一つの考えとして読んでみてはいかがでしょう。

理想的な仲間(チーム)として最初に登場するのは、
黒澤明監督の「七人の侍」。ここから惹かれました。
もう何度も観ている大好きな映画なのです。
ということは、多様な人材が集まった「仲間」が大きな力を発揮
するのは”今”だからではなく、人類永遠のテーマかもしれません。
仕事をしている数十年の間で、一度でもそのような仲間たちと一緒に
仕事ができたら本当に幸せなことなんでしょうね。
私にとって、リクルート時代の最後のチームを超える仲間はまだいません。
 

 

2017/08/04

アクシア社長のオフィシャルブログ

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

HOME

    

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録