アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »天敵はいるか!

アクシア社長のオフィシャルブログ

天敵はいるか!

梅雨の最中に、徐々に日常生活が戻りつつありますが、
この数ヶ月の間に日常生活が様変わりしてしまい、すっかり
新しい生活様式が定着してしまったので、どこまで元に戻ったら
いいのか、その意味を考えてしまいます。今週は打ち合わせが
4日間で13回。全てオンライン。移動時間ゼロなのでとても仕事
捗ります。東京、厚木、千葉、群馬、岡山、仙台。1週間では
とても回り切れませんね。ここは元に戻って欲しくない!

そんな生活をしていて分かったことが、「鳩」。そう「鳩」です。
マンションのベランダに鳩が頻繁にやってきて困っていた3月。
毎日ベランダに鳩が現れると結構怖いものがあります。鳩よけの
ために紙粘土に針金を刺したものを自作したり、輪ゴム鉄砲で
追い払っても全く効果無し。だったのですが、ある日を境にして
鳩の姿を全く見なくなりました。不思議に思っていた時、
掲示板に張り紙が!

「鷹」です。鷹匠を呼んで鷹を飛ばして鳩を撃退!していたようです。
調べてみると鳥類のトップに君臨する鷹は、鳩やカラスの天敵。
鷹がいることがわかると、数ヶ月の間は鳩もカラスも寄ってこなく
なるということ。自然の摂理はすごいですね。

さて、鳩にとっての鷹のような天敵って、人間にはいるのでしょうか。
コロナでさえ共生の道を歩もうとしています。敵から逃げたりせず
「共生」。ともに生活していくことを選ぶことは、最も賢い選択か
しれません。そもそも敵ではないかもしれませんからね。
敵味方を作らず、共に生きる道を進む。これができるなら人類はまだまだ
捨てたもんじゃありません。

ベランダの鳩のおかげで、メルマガのネタも生まれました。
お礼は言いたいけど、もう来なくていいからね。
 
                       

【今週の1冊】

「複合汚染」1979年 有吉佐和子著 新潮文庫
      1974年 朝日新聞連載

小学生の時に新聞小説で読んで衝撃を受けた記憶が頭の片隅に
ありました。今読んでみると、これは小説でもルポでも無く、
ノンフィクションのようでなんとも中途半端な仕上がりでした。
もっと深く考えさせられる内容かと期待していたのですが、
作者の印象、感覚だけで物事が表面的にしか捉えられていないので
響くものが無かった、、、。読み返してよかったですね。

視点はなかなか面白い。
カドミウムに汚染された米を輸出するのはどうなのか?
という問いに対して、「深刻な飢餓状態を救うことができる」
VS「数万人に一人が手足の骨がおかしくなる」という、
まさにトロッコ問題のような命題が投げかけられる。

考えされられます。

 

2020/06/16

アクシア社長のオフィシャルブログ

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

HOME

    

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録