アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »ムダ話、ムダな動き、ムダな動き

アクシア社長のオフィシャルブログ

ムダ話、ムダな動き、ムダな動き

実はちょっと膝を痛めていました。昨年夏に続き2回目、、、。
そんなに走っていないのに、体重も落としたのに。これも
きっと低気圧のせいです。

そんなことでしばらく中断していた散歩を復活させたある日の朝。
ビルのガラスに映った歩いている姿を見てビックリ。
腕と足しか動いていない!散歩しているからあたり前だと思うかも
しれませんが、歩く姿をみてください。歩く姿って年齢が出るもの
なのです。手足しか動いていなくて体が固まっているのです。

子供はとにかくムダな動きが多い。全身使って歩いているし、
突然走り出したり、よく転んだり、とにかく柔らかい。
中高生は動きがしなやかなで軽やかな感じ。あー羨ましい!
一見ムダな動きが身体全体を支えて、動きを柔軟にしているの
ですね。柔軟だから大きな力が発揮できる。でもムダな動きに
見えてしまう。

そう考えるとムダ話の効果は実はとても大きいのですね。
ムダな時間は深く考えるための助走の時間だったりする訳です。

仕事のほとんどがリモートになって、仕事はとっても効率化的に
なりました。打合せも研修の仕事もサクサク進むのですが、
考えてみたらムダ話はしないし、ムダな時間がなくなっていました

これは良くない。

そこで少し前から、あえて目的が明確じゃない打合せを入れてみたり、
研修でも時間に余裕を持たせて、少し雑談してもらったりしたら
効果抜群!いいアイディアが出てくることが増えました。

ムダな時間を楽しめるのは余裕があるって証拠。余裕大事。
そして歩くときには全身を動かすことを意識してみよう!
                               
【今週の1冊】

「氷点」
 1964年 三浦綾子/著 朝日新聞社

読んだのは角川文庫の上下巻。一気に読みました。
いや、一気に読めました。読む順番が悪かった。
アンナ・カレーニナの後だもの。人物描写、心理描写、時代描写
とも浅く感じてしまって。そんな書評を書くほどまだまだいろんな
小説を読み込まなくてはいけないことはわかっています。
三浦綾子なら「塩狩峠」の方が面白かったかな。
いや、塩狩峠も主人公の最後の行動の意味が理解できなかったなあ
 

 

2021/05/31

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録