アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ » 一番の競争相手は時間

アクシア社長のオフィシャルブログ

一番の競争相手は時間

ほぼ1年前、東京オリンピックが開幕しました。
あれから1年。東京オリンピックは我々に何を残したんだろう。
既に遠い記憶になってます。
なんてことを考える暇もないくらい仕事漬けの夏。
そしてまだクーラーの不調が続いています。
蒸し暑い、、、。

そんな暑い夏に考えるのは、何か新しいことを始めたいという
心がムクムク動く面白いこと。
新しいことを始めるには、まず市場調査だ。そして役員を動かす
ために精緻な企画書だ。なんてことをなんだかんだと考えていると
時間は確実に、無駄に過ぎていく。
そして、その間に他の会社が同じアイデアでビジネスが始まり、
新しいマーケットができ、これから始めても手遅れになってしまう

一番の競争相手は、競合やどこかの誰かではなく時間なのです。
時間を味方につける。そのために、まずやる。やりながら考え、
うまくいかなかったら修正する。そして誰よりも早く振り返って、
修正作業に入れることが、時間を味方につけたの先行者のメリット
最初に失敗しないと一番美味しい果実が得られませんからね。
失敗から得られる知見は膨大です。だって二番手には絶対に得られない
ノウハウですから。

さらに、新しいことをやり続けることの大きなメリットは、
正解がない世界に突入するワクワク感とヒリヒリ感。
その感覚、思春期にはみんな感じていたはずですよね。心と体。
自分の思いと周囲とのズレ。それにもがき苦しんで、それでも考え
行動する。そしてちょっとだけ、ほんの少し何かを感じる。
新しいことを始めるって、そんな感じだと思うのです。

何か新しいことをやる時に競争相手は時間。そして、その時間を
味方につけることができたら怖いもの無し?かも。
 
 
【今週の1冊】

「デミアン」
1919年 ヘルマン・ヘッセ 著  高橋健二/訳 新潮文庫

この時代の成せる技なのか。いつの時代も同じ思春期の少年から
青年への葛藤がなせる技なのか。心が揺さぶられます。
とても100年前とは思えず、生々しくリアルに自分の姿と投影できる。
不思議だなあ。

この時代が好きなのか、今と投影できるからなのか。頭の中で
ありありとシンクレール(主人公)が動き始めています。

小説に浸れるってやっぱりいい時間ですね。

 

2022/07/26

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

オンライン(Zoom)サポート

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

   

メルマガ会員登録