アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »海・山・空

アクシア社長のオフィシャルブログ

海・山・空

毎回天気の話題から入ることが多いこのコーナー。毎週の変化は
わずかでも1ヶ月、2ヶ月通してみると季節って変わっていくこと
わかります。5月は晴天の話が多くて気持ちよかった!
ということを思い出しながら、季節は夏に向かっていますね。
朝の散歩でも四季の変化を感じます。空、風、そして自然が毎日
変わっていきます。

ということでそのまま天気の話。世界は海と山そして空は繋がって
いる。循環サイクルの中でできている。それは天気だけでなく、今
この世に生きている生物全てが繋がっている。まさに同時代を生き
ている。そんなことを考えてしまいます。

先日はトータルキャリアというセミナーを開催しました。
ファーストキャリア、セカンドキャリアと分けて考えるのではなく
キャリアを連続しているものとして考えよう。という趣旨なの
ですが、キャリアも全部繋がっていますよね。いくつかの節目が
あり、そこで変化があり形を変えるけれども繋がっている。

その中で大事が受け継がれ、役割を果たしたものは削ぎ落とされて
身軽になってまた新しいものが生まれていく。全てはそんな循環で
成り立っているのかなと。

これからも変化しながら、都度身軽になって新しいことを楽しんで
いかねば。まずは、これからの夏に向かってお腹の周りにたっぷり
ついてしまった何かを落としていこう。
まずはそこから!
 
                        

【今週の1冊】

「マクベス」
 1606年頃 シェイクスピア/著 
 1969年 福田恆存/訳 新潮文庫

初シェイクスピア。
ロシア文学もいいけれど、やっぱりシェイクスピアは読んで
おかないと。というくらいの気持ちで読み始めたのですが、
頭の中でマクベスが語り始め、苦悩で顔が歪み、追い詰められて
いく姿が駆け巡る。
魔女もマクベス夫人も生きているかのよう。戯曲なので頭の中に
舞台が出来上がる。読み継がれているものは面白いですね。

黒澤明の蜘蛛巣城の原作ということは知っていましたが、
舞台を日本に変えても圧倒的な面白さ。
蜘蛛巣城ももう一度見てみたい。そしてマクベスの舞台も。

イギリスという国はどこにもなくて、スコットランドや
イングランドなどからなる連合王国であることも腑に落ちる。

文学を通して学ぶことがたくさんあります。
もっともっと本を読まなきゃ

 

2021/06/15

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録