アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »400号記念:少し先を考えてみる

アクシア社長のオフィシャルブログ

400号記念:少し先を考えてみる

今回のメルマガが400号。約8年間よくネタが尽きなかったなと
我ながら感慨深いですね。よく続いてるなあ。書くのに苦しい時
もありますが、読んでいただいている方からの反応が励みなので、
是非これからもご意見ください。頑張れます。

そんな400回目にお伝えしたいことが、「少し先を考える」
ということ。
今、世の中新型コロナ一色で、いつの間にかこれからもずっとコロナ、
「Withコロナ時代をどう生き抜くか」になっていますが、そんなこと
ないでしょ。いつか終息します。だから今、その先を考えてみましょう。
いち早く準備できた人が勝ち残ることは間違いない!のですから。
(現状維持バイアスってこんなに強いんだ、と感じています)

2020年、オリンピックイヤーの幕開け。世の中明るかったですよね。
このままの勢いがずっと続くと思っていましたよね。そこでいきな
発生した新型コロナ。1月はまだまだ疑心暗鬼で、みんながすぐに終息
すると思っていました。SARSやMARSのように。
それが今はこの状況が永遠に続くかのような空気。世の中変わりました。
ということは、また世の中、ある瞬間で一変します。間違いなくコロナ
明けの世界はそこにあるのです。それは半年後か1年後か3年後かは誰にも
わかりません。が間違いなくコロナが終息した世界がそこにあるのです。

アクシアでは、Withコロナ時代の人材育成、研修プログラムは整いました。
ほとんど全てのテーマ(課題)に対応できます。
ちなみに昨日今日は、Withコロナ時代の研修のための講師育成研修。
今しかできない新しい研修プログラムです。
だから今、コロナ後の世界の人材育成、研修プログラムの準備を始めました。
GW(今年はStay home week)明けには提供開始できるでしょう。
是非、お問い合わせください。

明けない夜はありませんから。
 
                       

【今週の1冊】

「経済学を学ぶ」
  1994年 岩田規久男著 筑摩書房
「大学4年間の経済学を10時間で学べる」
  2015年 井堀利宏著 KADOKAWA

経済学を基礎からもう一度、ということで2冊同時に読んでみました。
入り口としては面白い本でした。2冊とも。
書かれた年は、20年の隔たりがあるのですが、内容はほぼ同じ。
そこも興味深い。少し前に行動経済学の本を読んでいますが、
経済学って、人の営みそのものなのですね。
人は合理的に判断して行動するということがこれまでの経済学で
あるとすると、合理的に判断して行動する時もあれば、そうでない
時の方が人間的だし、だから面白い。ということがよくわかります

そして、経済学を深く知るためには、世界史と数学が必要だと
いうことがよくわかりました。教養は大事ですね。

まだまだ知らないことだらけ。だから面白い!
 

 

2020/04/30

アクシア社長のオフィシャルブログ

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

HOME

    

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録