アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »指標を作る

アクシア社長のオフィシャルブログ

指標を作る

セミナーや研修をやっているとこんな人と時々遭遇します。

「機嫌が悪そうな人」

さすがに不正不満を口にして、周りをかき乱す人はほとんど

いないのですが、グループワークで全く発言しなかったり、

講義中に目をつぶったままで、聞いているのかどうかわから

ない態度をとったり、テキストに全く記入しなかったり、、。


主催者に話を聞くと「あの人はいつもそうなんです」と言われる

のですが、研修でそんな人がいると周りの人にマイナスの影響

を与えてしまうので、困ったものなのです。時には主催者に

了解をとった上で帰ってもらうこともあるのですが、なんだか

自分勝手な子供のようで可哀想になってきます。


と、いうことを考えていたらこんな記事を目にしました。

http://a11.hm-f.jp/cc.php?t=M7397&c=4&d=66a1

日本には「熱意あふれる社員」の割合が6%しかいない。

「不満をまき散らしている無気力な社員」の割合が24%と高い。

という調査結果です。

先ほど書いた「機嫌が悪そうな人」は「無気力な人」ですね。


この記事ではその解決策として、「部下の強みが何かを上司が理解

すること」とあります。その解決策は間違っていないでしょう。

しかし、その無気力、不機嫌な人は自分がどれほど幼稚な態度を

とっているかを自覚しないと始まらないのかな、とも思うのです。

そして、その無気力さを測定して人事考課に反映させることが

できないかなと。新しい指標を作るのです。指標があると測定できる

ので、自覚できるようになると自分で変わっていけるようになる

のではないでしょうか。

不機嫌、無気力は周りのプラスのエネルギーを吸い取っているので

ブラックホール指数とか。


自分の大事な時間を使って仕事をするのですから、楽しい仲間と

前向きにやりたいですよね。


今週で5月も終わり。ご機嫌な6月を迎えましょう!

 

【今週の1冊】

「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学
  2015年 入江章栄」

「競争戦略」「イノベーション」「組織学習」など
を世界の先端の経営学の知見を身近な事例で説明
されているので、経営学を網羅的に理解することが
できるわかりやすい1冊。
各テーマについて、もっともっと深く掘り下げて
知りたくなります。経営学って面白いですね。

 

2017/05/30

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

のだぶちょーからのお便り

ビジネス数学検定

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録