アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »つらかったら逃げろ〜!

アクシア社長のオフィシャルブログ

つらかったら逃げろ〜!

おっと、ちょっと油断していたら9月も半ば。今年は海に行けなかった!
このまま油断していたら2021年も終わってしまうかも。と思うくらいに
時間が経つのは早いですね。このメルマガも毎週書いていますが、
感覚的には毎日書いている感じがします。それなら毎日書いても同じ?
とりあえずやると言ったことはやるようにしているので、書くと言ったら
書かなくては行けなくなるので、メルマガは今まで通り週一です!
 
ということなのですが、やってみて大変だったら逃げればいいのですよね。
辛いことの先に何かが待っている。楽しいことや大きな成果は辛いことを
乗り越えないと手に入らない。なんてことはなくて、楽しんでいる先に
より大きな楽しさが待っている。だから辛いことは我慢しなくていい。
と思うのです。
 
今年の夏もたくさんの研修で、多くの人に会いました。そして楽しんで
仕事をしてる人の方が発想が豊かだし、周囲の人も巻き込んで楽しく
させることができる。辛そうな人は、不満が多く周りのエネルギーさえ
奪っていく。今を我慢すれば・・・ではどんどん元気なくなっていきます
からね。
 
側からみて大変だなあと見えても、渦中にいる人はすごく楽しんでいる
楽しんでいなくても、別に辛いことを我慢している訳ではない。という
ことが多いんですよね。
 
なので、つらかったら逃げるが勝ち。そか、これはあの名作ドラマ
「逃げ恥」と同じですね。
逃げていいから、メルマガ毎日書いてみようかな。
いや、書きません!最初から逃げます。
                 
【今週の1冊】

「暗号解読」
 2001年 サイモン・シン著 青木薫訳 新潮文庫

暗号の歴史は、戦争・対立の騙し合い、だけではない、歴史、数学
言語学、物理学そして人類学が絡み合う複雑で愛おしい世界。
とっても面白かった。
ドイツの暗号エニグマを破ったのは、アランチューリングであることは
以前映画を見て知っていたので、この本もそこまでの話かと思いきや
そこまでは序説に過ぎなかったのか!と思えるほど後半一気に
盛り上がる。(個人的に)
 
古代エジプト文字のヒエログリフは、表意文字ではなく、表音文字!
鳥の模様はA、ライオンはL!ということで今では簡単に読めたり、
最後は畳み掛けるように言語学から数学、量子力学の世界まで。
インターネットはあらゆるところで世界を変えているのですね。
 
ただ残念なのは、量子暗号システムが使えるようになったら、
暗号の進歩はそこで止まる。という一文。
いや、そこから新しい進歩は始まるのですよ。
 

 

2021/09/13

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録