アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »人生100年はまだ先の話

アクシア社長のオフィシャルブログ

人生100年はまだ先の話

令和になって2週間。おかわりはございませんか?

ふと気付いたのですが、まだ一度も「令和」と署名する

機会がありません。先日署名した書類にはまだ平成と

書かれていて、何も疑わずに自然に平成31年5月と書いて

普通に受理されて、、、。

まだ平成と令和が重なり合ってる瞬間を感じたものです。

時代はそうやってゆっくりと変わっていくものなのですね。


そう、時代はゆっくり変わるはずなのですが、2年くらい前

からいきなり「人生100年時代」になってしまいました。

これからの人は100年生きるから,人生設計を見直さなければ!

となってきているのですが、急に寿命は伸びませんよ。

今50歳の人があと50年生きられるわけではありません。

(平成29年の平均余命は男性32.6才、女性38.9才)


にも関わらず、今の人たちに人生100年を考えさせようと

している。なんだかおかしくありませんか?


ということで、今すでに社会に出て働いている人たちは、

人生85年と考えて、如何に生きるか、如何に人生楽しむか

如何に仕事をしていくかを考えた方がよっぽど現実的なの

です。

これからの10年、20年、30年はどんな世界になっている

のでしょうか。その時あなたは何をしていたいですか?

どうなっていたいですか?人生は短い。(勝手に伸びません)

だからこそ、今を充実させて過去ではなく、これからの

ことを考えて生きていった方がいいと思うのです。


人生85年、どんな人生を送りたいですか?

 
        

【今週の1冊】

「星を継ぐもの」
 1980年初版 2018年100版! 
 ジェイムス・P・ホーガン著 池央耿訳 創元SF文庫

1977年に書かれた2028年の世界。月面には基地があり
多くの観光客が訪れる。その月面で発見された死体。
チャーリーと名付けられたその死体は・・・・!

グイグイと引き込まれてしまいました。久しぶりに読んだ
海外SF小説。こんなにもおもろいなんて!
最初の数ページは我慢が必要。背景や名前を頭に叩き込み
その世界を頑張って作ってしまえば、その世界を楽しむ
ことができる。月面に降り立ってそこから地球を眺め、
さらに木星の衛星ガニメデまでも自分の世界になっていく。
それだけでなく遠い過去、人間誕生の時まで意識が遡る。
人間の想像力は偉大です。

それにしても約20年かけての100版は凄い。

 

2019/05/14

アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME

アクシアスタッフだより

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

のだぶちょーからのお便り

ビジネス数学検定

お問合せ

 

    


 

 

 


 

   

メルマガ会員登録