アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »とっさの一言

アクシア社長のオフィシャルブログ

とっさの一言

やっと夏が来ました!


最近は雨で走れなかったのでそんな蒸した朝でも

ランニング。今週には東京マラソンエントリー開始

ですからね。

そのランニングルートの途中にあるスーパーに寄って

ドリンクを買い行った時のこと、いつもは出勤前の

この時間、ほとんどの人はドリンクだけかドリンクと

パンかおにぎりなのですが、その日はカゴいっぱいに

商品を詰めた女性が私の前に!


レジは一つしか空いておらず、レジの女性が焦る!

レジ一つでも普段の朝のペースならこなせるはずなのに

5人分、いや10人分の買い物のお客さん。時間がかかり

ます。後ろから見ていても私やその後ろに並んだ人を

見て、明らかに焦っている様子。そしてやっと私がレジに。

そこで一言「     」出てこなかった、、、。

「ゆっくりどうぞ」も「大丈夫ですよ」も「焦らないで

もいいですよ」の一言も。


「本番でできるようになるための練習の場」である。

これはアクシアの研修の目的の一つ。知識やスキルは

もちろん必要ですが、その知識やスキルを使って判断

したり行動できなければ宝の持ち腐れなのです。


どんな状況でも行動できるようになる。そのための

練習の場としての研修。もっと効果的な研修にする

ためにはどうしたらいいか、考えさせられました。


まずは、どんな時にもすぐの声を出すこと!からですね。

 
      

【今週の1冊】

「バブル」

 2019年 永野健二著 新潮文庫

バブルとは一体何だったのか。なぜバブルが起きて崩壊
したのか。バブル前夜に社会に入り、若手のサラリーマン
としてバブルを経験した身としてはどれも生々しい。
人はこれほどまで欲深く傲慢で自分の都合がいいように
しか社会を見ることができず、そして弱いのか。

ここに書かれていることが全て真実とは言えないでしょう。
見る視点によって解釈は異なりますから。とはいうものの
登場する企業、組織がもう少しまともな判断をしていたら
こうなったいなかった、、、。と、誰もが振り返って言う
ことはできます。
だからこそ、この本のように当時を知る人が書き残して
置くことは必要だし、歴史から学ぶことが大切なのでしょう。

当時の大蔵省、銀行、証券会社が一体何をやっていたのか、
がよくわかります。そしてリクルートも。
社会のシステムは常に不安定で未開発であることもよく
わかります。そのシステムのせいで今では考えられない
判断をしています。
そう、人は常に発展途上。変化すること、成長することを
諦めたら終わりですね。

 

2019/07/30

アクシア社長のオフィシャルブログ



   

HOME

アクシアスタッフだより

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

のだぶちょーからのお便り

ビジネス数学検定

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録