アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »最後から2番目の・・・

アクシア社長のオフィシャルブログ

最後から2番目の・・・

年度に入っても新しいクライアントとの仕事が目白押し。
とても嬉しいことです。そしてその仕事のほとんどがこれまで
仕事をしてきた方からの紹介。これは二重の喜び。
しっかり仕事をしてきたおかげなので、紹介の恩返しはいい仕事を
すること!

さて、「最後から2番目・・・」そんなことを考える年齢になって
きました。この仕事(このテーマ、この対象など)をすることは
これから何度あるのだろう。何回も何十回もないかもしれない。
もしかしたら最後かも?そう考えると新しいクラインアントの
仕事のワクワク感が増してきます。
だからこそしっかり準備をして、、、失敗しないように守りに走る
のではなく、新しいことにチャレンジ。この繰り返しが堪らなく
楽しい。未だに新しいクライアントの仕事の時には夜中に
目が覚めてしまったり、夢に出てきたりしますけどね。

これから6月7月8月とそんな仕事が続きます。
そのためには体力!ということで最近スクワット始めました。
体型変わるかな。
 
週の1冊】

「最悪の医療の歴史」
 2014年 ネイサン・ベロフスキー 著 伊藤はるみ 訳

の時代に生まれてよかった。医療技術の進歩はこの100年で
劇的な進化を遂げているのですね。
それまでは拷問や人体実験と同じレベル、、、。

医術は宗教と神話の世界。ヒルを使って血を抜いたり、
ヒキガエルの粉末を飲ませたり、公開解剖が大人気だったりと。
の常識で判断することが無意味なのではありますが、
医者が薬を調合することと、魔法使いの世界が重なり合う。

とは言っても、の医療も100年後からみたら信じられないこと
やっているのでしょうか。

 

2022/05/31

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

オンライン(Zoom)サポート

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

   

メルマガ会員登録