アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »時間をかける

アクシア社長のオフィシャルブログ

時間をかける

今年のゴールデンウィークは天候が安定しませんでした。

この時期は毎年晴天が続いていたイメージがあるのですが、

気温も上下するし、雨になったり晴れたと思ったら雷雨に

なったりで大忙し。特に大きなイベントもなかったのですが、

天気の変化で楽しむことができました。


そんな連休に入る前とまだしばらく続く新人研修なのですが、

入社して1ヶ月も経ってくるとしっかりと社会人になっている

から不思議なものです。すぐに環境に慣れることができるのが

ヒトの強さ、しぶとさであるとつくづく思います。動植物に

比べ、ヒトの南限北限は広いですからねえ。


しかし、当然個人差があります。すぐに馴染む人なかなか

馴染むことができない人。馴染むことができない人がいると、

本人も周りも焦ってしまいます。あれやこれや手を出したりと。

そしてその多くは効果を出すことができずに、またあれやこれや

と手を変え品を変えて、、、。


そこで、是非焦らず時間をかけて欲しいのです。ほんの半年。

長くても1年。その期間焦らずゆっくり時間をかけるだけで

ほとんどのことは解決します。人によって時間配分(ペース)

が違うだけ。


時間をかけるのは学ぶことも同じ。その人に合わせて学びの

スピードを変えていく。どんな学びでも一定の時間が必要

なのですから、その時間さえ確保できれば習得できる。


焦らず、慌てず、時間をかける。何かと慌ただしいと感じて

しまう今日この頃ですが、そんなことありませんよ。

ゆっくりのんびり自分のペースで考えることが一番の近道

なのですから。

 
                   

【今週の1冊】

予想通りに不都合
 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
 2013年 ダン・アリエリー著 熊谷淳子訳 ハヤカワ文庫

ホントに人って合理的に判断できない、行動できないんだなあ、
ということがよくわかります。人ごとではなく自分もそう。

モノの価値を最初にインプットされると、それを基準にして
しまって、わかっていてももうその呪縛から逃れらさないし、
一度手にしたものは手放したくなくなってしまうし、
(手放すきっかけを”ときめき”にしたこんまりは凄い!)
プラセボ効果を知っていても、効果出ちゃうし、、、。

この考え方は、通販やテレビショッピング、怪しい健康食品
に多用されていますね。よく研究しています。

この本で一番驚いたのが外科手術のプラセボ効果。ある外科手術
で実際に施術したグループとしていないグループで効果の優位性
がない・・・プラセボ効果がある。という実験。
ヒトって意識で大きく変わるものなのですね。

新しい元号になりました。これからしばらくは、新刊ではなく、
(今までも少なかったのですが)最低でも5年以上前に発行
されて、絶版になっていない、長く読まれている本を読んで
いこうと思います。

 

2019/05/11

アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME

アクシアスタッフだより

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

のだぶちょーからのお便り

ビジネス数学検定

お問合せ

 

    


 

 

 


 

   

メルマガ会員登録