アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ » 動くこと。感じること

アクシア社長のオフィシャルブログ

動くこと。感じること

以前何度か書いていますが、初めての場所、新しい場所に

行くことが楽しくて仕方がありません。

出張の時はランニングシューズを持っていき、できるだけ

自分の足で走り回って、空気、匂い、音、五感全体で街の

雰囲気を知るようにしています。もちろん五感ですから、

その土地のものを食べることも忘れずに。


と、それはそれでとても刺激的なのですが、この3連休で

わかったことがありました。

何度も行った場所でも視点を変えるだけで新しいものが

見えてくる。


ちょっと時間ができて、ある駅に久しぶりに降りてみたの

ですが、雰囲気が随分変わっていてとても面白いスポット

に変身。街ってこんなに変わることができるんだ!と

新しい発見が。


そこで地元を改めて新鮮な気持ちで歩いてみると、、、。

うーん、ここでも新しい発見が!

人間慣れてしまうと何も見えなくなってしまうのですね。

いつものルートをいつものように歩く。何も見えない、

感じない。それがちょっと意識を変えて視点を変えるだけで

見えるものが変わってくる。面白いものです。


実は先日も研修で同じような体験がありました。

まさに、目の前にあるのに意識しないと全く見えていない。

現物がそこにあるのに!ヒトって面白いものです。


他の人との思いや意識のギャップってそんなところから

生まれるんでしょうね。同じものを見ているようで、

人によって見え方が大きく違うのですから。
 
                              

【今週の1冊】

「ホモ・デウス(テクノロジーとサピエンスの未来)」

2018年 河出書房新社
ユヴァル・ノア・ハラリ著 柴田裕之訳

面白い。とにかく面白い。何度もじっくり読み返したい。
上下巻あり実はまだ上しか読んでいないのですが、オススメです。

「ホモ・サピエンス(賢い人間)」から「ホモ・デウス(神)」へ

未来のことは誰にもわかりません。
20年、30年、ましてや50年前に今の世界を誰が予測できたで
しょうか。しかし、人は未来を予測し、未来のために今何が
できるかを考え、今考えていること、行動していることがその
未来に繋がっていく。
その未来を予測するために歴史を学ぶ。

「人は自分で選択しているように思っていても、時代や環境に
よって大きく影響を受けていてそこから逆らえないのですよ。」
と研修の時にもよく伝えているのですが、ここで非常にわかり
やすい表現にまとめられています。
「私たちは一人残らず、特定の歴史的現実の中に生まれ、特定
の規範や価値観に支配され、特製の政治経済制度に管理されて
いる。そして、この現実を当たり前と考え、それが自然で必然
で不変だと思い込んでいる。」

「歴史を学ぶ最高の理由は未来を予測するのではなく、過去
から自らを解放し、他の様々な運命を想像するためだ」

そう、とにかく想像力を掻き立てられる刺激的な本に出会いました

 

2018/09/25

アクシア社長のオフィシャルブログ

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

HOME

    

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録