アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »語り合う

アクシア社長のオフィシャルブログ

語り合う

ラグビーワールドカップ始まりましたね。数試合見ましたが、

一度でいいからあんなに引き締まった体になってみたい!

とのモチベーションが高まって、東京マラソンの練習にも

熱が入ります。ありがとう、ラグビー!


ところで最近語り合っていますか?人とのコミュニケーションが

苦手だと感じている人、多いですが、得意だという人もいます。

そんな人と話をすると一方的に話している人が多かったりする

のですが、「語り合う」って難しいですよね。


語り”合い”なので、お互いがそう感じていないと成立しない。

しかし、ほとんどの人は聞くより喋る方が好きだし、気持ちいい。

つまり「語り合い」が成立するのは奇跡的なことなのかもしれない

のです。多分ほとんどどちらかの一方通行で、結局成り立ってない

「今日はいい語り合いができた」と感じたらそれは間違いなく喋り

すぎ。


では「語り合い」は無理なのでしょうか。

それが無理ではないのです。その秘訣は、、、


何度も語り合う機会を設けること。


一度の語り合いでは偏りが出てしまいますが、何度も繰り返す

ことでトータルで語り合いになっている状態を作ることができる

のです。

結局何度も会うこと(直接会わなくてもいいですが、)で、

お互いの関係が深まり、語り合いの状態になっていく。


そんな語り合うことが出来る相手が多いと人生楽しくなっていく

ような気がします。
 
        

【今週の1冊】

「思考の整理学」
 1986年 外山滋比古著 筑摩書房

今まで書店で何度手に取り、チラリと立ち読みしてなぜか
買わなかったこの本。やっと読んでみました。今までどうして
読まなかったのか。それはハウツー本、うんちく本のジャンル
があまり好きでないと言うことなのですが、この本を読んで、
その理由がわかりました。

自分が思っていること、普段からやっていることには、
「そうそう、その通り!」と同意するけれど、そうではない
ことには、「それ違うよな」と思ってしまう。つまりは新しい
気付きや刺激が少ないということなんですね。

と、そのことを気付かせてくれた本でした。
 

 

2019/09/24

アクシア社長のオフィシャルブログ



   

HOME

アクシアスタッフだより

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

のだぶちょーからのお便り

ビジネス数学検定

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録