アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »議論の仕方

アクシア社長のオフィシャルブログ

議論の仕方

今年の春は東京から北方面の出張が続いています。

函館、盛岡、郡山、茨城、群馬、、、

初めての場所は楽しみでできるだけ早起きして仕事の

前に走るようにしています。(荷物は増えますが)

街を走るとその街の様子がわかって面白いですね。

今年はこれから西訪問の出張が多いので楽しみです。

 


さて、議論の仕方。

研修では、「会話」「対話」そして「議論」を大事に

しているのですが、「議論」を苦手にしている人は

多いですね。


お互いが主張して結論を出していく。新しい答えを

見つけていくことがスムーズにいかないことが多い。

様子を見ていると、お互い主張をぶつけ合い、勝ち負け

をつけようとしてしまって、対立関係になってしまったり、

逆に対立を避けるために主張が中途半端になっていたり。

そうなると出てきた結論に対して、誰もあまり納得して

いないことになってします。


そこで研修では会話から対話、そして議論を繰り返して

いくことで議論に慣れて、だんだんとうまくまとまるよう

になっていくのですが、その秘訣の一つが、


「議論と結論を切り分ける」こと


議論を尽くす=お互いが主張し相互に質問することで

その主張の根拠を明らかにしていく、納得のレベルを

高める。その時間を十分にとった上で、結論をだすフェーズに

移すと、議論と結論が切り分けられて、つまり”誰の意見”

から”この場にみんなで出した意見”になることで、意見の

属人性が消えて、出てきた結論は誰かの意見ではなく、

この場で作り上げたみんなの総意。になりやすいのです。


この感覚がわかれば議論は相手を打ち負かす(自分が負ける)

ことではなく、よりより案を出すために効果がある。と

実感できるようなのです。


どんなことにもしっかりとした方法論がありますね。


と、先日畑に入って黙々と農作業の手伝いをしている時に

考えてしまいました。



【今週の1冊】

「羊をめぐる冒険」
 村上春樹著 初版1982年 講談社

3回目か4回目の再読。定期的に村上春樹が読みたくなります。
そして、毎回引き込まれて一気に読んでしまいます。
36年前に書かれたとは思えない、、、。すでに古典かも。

村上春樹が好きでない人がこの世界をどのように感じるのか
聞いてみたい本です。
本筋と直接関係ないと思われる描写でイメージが膨らみ、
その世界観に入っていける。不思議な感覚です。
最近北海道への出張が多いので、次はこの舞台まで足を運び
たくなりました。

本は人のイメージを掻き立て、行動を促しますね。
 

 

2018/05/18

アクシア社長のオフィシャルブログ

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

HOME

    

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録