アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ » 流れに飲み込まれない

アクシア社長のオフィシャルブログ

流れに飲み込まれない

今年の桜は例年より早いですね。この季節は新人研修の

時期なので満開の桜をゆっくり見ることができないの

ですが、今年は3月最後の土日で満開!久しぶりに花見を

楽しむことができました。平成最後だからそれに間に合

わせてくれたのかな?と思ったのですが、4月いっぱいは

平成でした、、、。


そんな中での新人研修なのですが、ここ数年大きく変わって

きました。何が変わったのか。それは時間。

4、5年前までは宿泊研修の場合は夜の時間関係なく、”課題が

できるまで徹底的に!”やっていました。それは最初から

予定していたのではなく、火がついた参加者からの「納得

いくまでやりたいから延長して欲しい!」との声に応えた

結果だったのですが、最近は受講生からの申し出があっても

時間が来たら終了。続きは次の日に。という進行になって

いました。当然それに合わせてプログラムは変えて来ている

のですが、どうしても火が点きにくくなるし、せっかく点いた

火が一度消えてしまうので、最終的なアウトプットもどうして

も見劣りしてしまうのです。

もちろん、もっとプログラムを工夫させる必要はあります。

新しいプログラムを開発するとてもいい機会であるとも

思っています。それでも、、、なのです。


働き方改革法案の適用開始が始まりました。労働時間や

休日のあり方も変わってきます。ただ、それに飲み込まれない

ように、本当の働き方を考えていく必要がありますね。

働くこと=苦役。だからできるで短い方がいい。ではなく、

本当に働く楽しさを見つけることができる仕事とは何か、

働き方は何かということは、突き詰めていきたいと思います。


こんな単語があります。「spoil」・・・ダメにする

もう一つの意味が”甘やかす”働き方改革が甘やかすことに

なってしまってダメな人を作らないようどうしたらいいのか

知恵を絞っていきたいですね。

 
        

【今週の1冊】

「受験必要論」
 2015年 林修著 集英社文庫

林先生がテレビに出ているとついつい見てしまいます。
そしてこの本も表紙に林先生の大きな写真に釣られて
新刊だと思い買ってしまいましたが、もともと2013年の
書き下ろしで文庫化が2015年。5年以上前に出版されて
いたようです。

それにしても林先生は息が長い。その秘密を探りたくて
読んだのですが、期待以上に参考になる内容に溢れて
いました。

まず、「受験ができることは特権的、勉強できることは
贅沢なこと」であると。確かのそうですね。受験勉強
している間は何も生まない。究極は自分のためにやって
いるのですから。その結果、社会のため人のためになる
ことができるのですが、受験勉強そのものは自分自身の
ためですからね。受験生の時に知っておきたかった!

さらに「学問とは批判的精神でしかなし得ないものである」
「突拍子もないことを生み出す頭というのは、基礎的な
ことをしっかりと入れている頭。ちゃんとしたベースが
あるから創造も可能になる」
「人は今が悪いと、過去のことまでぐちゃぐちゃ言いだ
したりする。人は自らの過去を今の色で染める」
などなど林先生の自身のことが散りばめられている。

予備校講師としての心構えも、研修講師としてとても
参考になります。「僕は人に教えることに生きがいを
感じているんです!」といったタイプは講義に魅力を
感じない人が多い。まさにそう!

最後の灘校の先生との対談は今ひとつではありましたが、
林先生の魅力に溢れた本ですね。
 

 

2019/04/02

アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME

アクシアスタッフだより

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

ビジネス数学検定

お問合せ

 

    


 

 

 


 

   

メルマガ会員登録