アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »季節は巡る

アクシア社長のオフィシャルブログ

季節は巡る

今年の夏もそろそろ終わり。日が落ちるのも早くなってきて、
すでに秋の気配。季節は巡るのですね。
と、感傷に浸っているのですが、子供の頃(熊本時代)も8月は
まだまだ夏真っ盛り。10月まで30度超えですから住んでいる所
よって季節の感じ方は全く違うんですよね。
8月でもストーブが必要な日があったりする、北海道道東から
12月まで余裕で泳げる沖縄まで、実は日本は結構広い。

そんな今年の夏の出来事はエアコンの故障。
7月末にエアコンが壊れ、それから1ヶ月。やっと今週末に
交換工事の日程が調整できました!
この1ヶ月辛かったのですが、今の世の中の変化を体感できた
いい機会でした。

故障してもすぐに確認(現調)してくれない。現調で原因が
わかってもすぐに新しい物が手に入らない。さらに工事できる人が
いない、、、。当然金額も高い。半導体不足と需給バランスが
崩れるとこんな感じになるのね。

今までモノやサービスはすぐに手に入って当たり前。そして安くて
当たり前。そんな常識は、実は正常なことではなかったということ
シンガポールに赴任していた友人が言っていたことを思い出しました。
エアコン壊れたけど、すぐに交換してくれないから、しばらく
エアコン無しの生活をしていると。その話を聞いた時には
「ありえない!」と思ったのですが、それが世界標準なのです。

ということで、暑さのピークを超えた今週、やっとエアコンが
新しくなるので、とりあえず1日はガンガンクーラー効かせて
夏を感じたいので、あと1日くらい熱くなれ!
 
                
【今週の1冊】

「無罪」
1897年 ジョン・グリシャム 著 白石 朗 訳  

本当にまだまだ読んでいない本。作家たくさんあります。
チェーホフもそうでしたが、ジョン・グリシャムも未読でした。
が、ジョン・グリシャム原作の映画は何本もみていました。
「ザ・ファーム」「ペリカン文書」「評決のとき」などなど
どうして原作読んでいなかったんだ!

と、まずは映画の影響を受けないために読んだこの本。
小説なのに挿絵というか写真が差し込まれていて、
イメージにあう写真を加工してあるのかと思っていたら、
なんとノンフィクション。

無罪の人物を、警察と検察がいとも簡単に有罪に、
そして陪審員が死刑の評決を下すことになるのか。
そんなストーリー。その中で最も戦慄を覚えたのが
この一文。
「貧しい人々や少数グループに属するなら、この種の
不当な扱いによる犠牲になることは珍しくないが、
ロン(冤罪から無罪になった主人公)は白人の街出身の
白人であり白人の警官たちに手荒くあつかわれ白人の
検察官に起訴され、白人の陪審から有罪の判決を下された」

闇は深い。

 

2022/08/30

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

オンライン(Zoom)サポート

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

   

メルマガ会員登録