アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ » 力、抜けてる?

アクシア社長のオフィシャルブログ

力、抜けてる?

3月に走る予定だった東京マラソンの振り替えの連絡がきました。
1年後の2021年10月か2022年3月のどちらかに振り替え可能。
悩みます。今年の東京マラソンの中止が決まったのが2月17日。
その後コロナでほとんど練習できず、6月に再開したところ、
7月に原因不明の膝痛で今に至る。ということで体重もうなぎ上り
またまた膝に負担がかかっている状態に。
再来年3月に逃げるか、来年10月にトライしてみるか!

今年も残すところあと2ヶ月半。激動の2020年、まだまだ何が
あるかわかりません!なんてことばかり考えると身体も頭も
心も力んでしまいます。

膝痛でランニングできない間、スイミングで体を調整していました
長く楽に泳ぐには如何に体の力を抜くかを再確認。少し余計な力が
入ってしまうだけですぐに疲れてしまって泳げなくなる。
力を抜いて、浮力に身をまかせ、頭も空っぽにして呼吸だけを
考える。気持ちよく泳げます。そして筋肉もついてくる。

コロナショックの3月4月。もう力が入りまくりでした。これから
研修業界どうなるのだろう?とりあえずZoomだ!Teamsも習得
しなきゃ!どんな機材が必要?研修プログラムはどうしたらいい?

今は力を抜いて巡航速度で仕事ができるようになりました。
力を抜くと視界が広がりますね。疲れずに次のことができるように
なります。

とは言っても、こんな書いているようじゃ、まだ力が入っている証拠。
もっと力を抜いていこう!

 

【今週の1冊】

「異邦人」
 1942年 アルベール・カミュ/著 窪田啓作/訳  

「きょう、ママンが死んだ」
この一言がこの本の真髄かな。人は受け入れ難いショックなことがあると
何もない普段の思考ではなくなり、特異な行動をとってしまう。しかし、
その特異な行動はあり得ないものではなく、理屈をこねればあり得る行動。
だからこそ周りの人はそれを埋めたくなる。なんという不条理。

読みながら頭に浮かんでいたのは、アランドロン映画「太陽がいっぱい」
そんなしたら、みんな不幸になってしまうのに。隠し通せるはずも
無いのに。そこに絶対的な動機は無いのに。

やっぱり太陽のせいなのか。
 

 

2020/10/19

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

オンライン(Zoom)サポート

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録