アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ » まず、自分はどうなのか

アクシア社長のオフィシャルブログ

まず、自分はどうなのか

いよいよ7月。夏本番!今年は海に泳ぎに行きたいですね。
と、そんなことを考えるとたるんだ体を少しでも絞りたく
なるし、新しい海パンも欲しくなるし、消費意欲が活発に
なるものですね。さ、夏は旅に出かけよう!

そんな夏に来年の新人研修のことを考え始めています。
コロナ禍で大きく変わった働き方、社会の常識。
それにも関わらず新人研修で教えることはあまり変わって
きていない。特に新人研修の定番のビジネスマナー。
挨拶や敬語、名刺交換に電話応対。

コロナになって2年半、一度もリアルに会っていない人と
多くの仕事が生まれています。
名刺交換したこともなければ、電話で話したこともない
けれどもメールとZoomがあれば仕事の依頼、相談、
納品まで全て完了。そして、次の仕事につながっていく。

もちろん、対面研修の納品も行っていますが、
その打ち合わせのほとんどはオンライン。
それなのに新人研修では未だに従来通りのスタイル、、、。

なぜなかなか変わらないのか。その一つが、
「私は変えたいと思うんですが、上がなんというか」
とか、
「新しいコミュニケーションツールを使えない、
 という人を置いてしまうことになるので、今までの
 やり方もひと通り教えとかないと」というセリフ。
これ、言い訳ですよね。
大事なことは「まず、自分はどうなのか」ということ。

ということで、新人にはこれからのビジネスマナー研修を
実施し、同時に既存の社員には過去のビジネスマナーの
アップデートをしてもらうことが必要になりますね。
 
 
【今週の1冊】

「偽善のトリセツ」
 2019年 パオロ・マッツァリーノ著 河出書房 

「しない偽善よりする偽善」そうなんですよね。何もしないより
偽善でも誰かに喜ばれるなら行動した方がいい。まさにその通り。
売名行為でもあってもいいじゃない。やらずに過ごすよりも
やった方がいい。
と、時々電車の中でさりげなく席を譲る時にそう思います。
席を譲っても断られるのがイヤなので、さりげなく立ちますけどね

そのうち席を譲られる立場になるので、その時には喜んで
「ありがとう!」と言って座れるようになりたいものです。
以前、海外の地下鉄で席を譲られ、瞬間で断ってしまった
自分が恥ずかしい。

で、著者のパオロ・マッツァリーノ。調べてみたら日本人の
ペンネームのようです。これは偽善ではなく何?

 

2022/07/05

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

オンライン(Zoom)サポート

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

   

メルマガ会員登録