アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »自分の思い通りにはならない

アクシア社長のオフィシャルブログ

自分の思い通りにはならない

早いもので今年もあと2ヶ月。平成最後の秋も終わろうと

しています。秋の日はつるべ落とし。日が暮れるとあっと

いう間に暗くなってしまいます。

もう少し夕暮れを楽しみたいのに、思う通りにはいきません。


そう、自分の思い通りにならないのは他人も同じ。自分の

ことさえ、なかなか思う通りにはならないのに、ましてや

他の人格を自分の思い通りにしようなんて!

と、冷静に考えると当たり前のことなのですが、部下育成で

悩んでいるマネジャーの多くは、部下が自分の思う通りに

動かそうとしていることが多いのです。


簡単に自分の思い通りにはなりません。まずは、部下が何を

したいのか、どうしたいのか、どんなことにつまずいている

のか、何を求めているのかをしっかりと見極めること。

部下が嬉しいのはどういう時か、進んで体を動かし、頭を

使うのはどんな時なのか。それをきちんと見極めることが

先決です。


とはいうもののそんなに簡単なことではありません。部下も

自分がやりたいことや本当に求めていることがわかっていない

ことが多いですからね。


そんな時はどうしたらいいのでしょうか?


一緒に探すのです。一緒に考え、部下に動いてもらって、

考えさせて。これ、少し時間をかければできます。


この我慢が大事。ちょっと我慢すれば部下も喜び、成長し、

結果的にマネジャーが思う通りに動くようになりますよ。

自分の思う通り=部下の成長

であるはずですから。

 

【今週の1冊】

「ラオスにいったい何があるというんですか?」
 2018年 文春文庫 村上春樹著

定期的に読みたくなる村上春樹。早く次の長編出ないかなあ
と待ちきれずに、今回は紀行文集。

ボストン、アイスランドに始まって、(途中飛ばして)
フィンランド、ラオス、最後に熊本。

村上春樹が過ごした街、訪れた街をいくつも文章で紹介して
います。あー、これがあの小説の元になっているのか。
こういう場所での生活が文章のネタになっているのかなと
考えながら、その情景を想像しながら読めるのでとても
楽しい。
フィンランド編では、「色彩を持たない多崎つくると・・」
はこの旅がベースになっているんだなあと思いながら読んで
いたら、最後の追記で、「小説は想像で書いて、その後で
フィンランドに取材に」の記載が。
うーん、なんだかうまく嵌められました。
 

 

2018/10/30

アクシア社長のオフィシャルブログ

セミナーのお申込みはこちら


 

    

SHOP axia

HOME

アクシアスタッフだより

最新トピック

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

無料小冊子

会社概要

講師紹介

ラッパー社労士のコラム

健康な職場づくり応援団 ◆林朋子◆

のだぶちょーからのお便り

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録