アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »サンタを信じる

アクシア社長のオフィシャルブログ

サンタを信じる

今年のメルマガも残すところあと2回になってしまいました。

振り返ると今年は天候に恵まれない1年でしたね。

7月はほとんど青空が見えずにずっと雨。8月は一瞬暑くなった

だけで、夏はいなくなり、秋は連続した台風。そしていつもなら

快晴続きで空気も乾燥する12月も雨がちの毎日。こんな天気だと

サンタクロースの準備も大変でしょう。


そんなサンタクロースですが、いくつまで信じていましたか?

私は結構ながく信じていました。多分小学生5年生くらいまで。

会ったことないのに、枕元に置いてあった手紙は間違いなく、

親父の筆跡だったのに信じてしまうものなのですね。


そんなサンタを信じる気持ちって純粋な子供の心を持っている

からで、子供でなくなったらサンタは本当にいないんだ!と

気づくのだと思っていたのですが、それって違うかもしれません。


人は信じたいものを信じる。一度擦り込まれたものはなかなか

上書きできないからなのではないのかと。


今、素直に疑うことなく信じていることも、実はサンタと同じ

かもしれないのです。世の中の常識は常識だと思っているだけで、

住んでいる場所、触れている情報、知ったタイミングによって

大きく異なっている。もちろん時代が変われば常識も変わる。

サンタを信じていたということは、そんな環境の中で自己暗示に

かけていたのかもしれません。

だって信じなくなったらクリスマスプレゼントもらえなくなる

リスクがありますから。


人の心は不思議なものです。今もいろんな暗示にかかってしまって

いるのかもしれませんね。

でも変わらないものがある。それが今週の1冊です。

 
         

【今週の1冊】

「初恋」
 1860年 イワン・ツルゲーネフ著
     沼野恭子 訳 新潮文庫

 とても160年前に書かれた本だとは思えません。
100年前も200年前もさらに1,000年前であっても恋する気持ちは
変わらないものなのですね。源氏物語がほぼ1,000年前ですから。

初恋の話を語るシーンから物語は始まります。
海外の翻訳、しかも160年前のロシアの話。気合を入れなければ
と読み始めたのですが、一瞬にして話に引き込まれてしまいました
16歳の少年にとって21歳の女性は魅力的すぎますよね。
そして、ずっと読み続けている長編とほぼ同じ年代のロシアでは
こういう恋愛が流行っていたのか?と感じてしまうストーリー。
引き込まれます。

初恋って苦しいものですね。

 

2019/12/17

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

オンライン(Zoom)研修

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録