アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »マニュアルを超えたところに

アクシア社長のオフィシャルブログ

マニュアルを超えたところに


マニュアルって便利ですよね。こんな時にはこうしたらいい。

この手順ですすめると上手くいく。初めての人でも簡単に

ある一定のレベルまで持っていくことができる。



一方で、「マニュアル人間」という言葉、これはマニュアル通り

にしか動けない人のこと。考えることをやめてしまった人のこと。

マニュアルはあった方がいいのか、無い方がいいのか・・・。

さあ、どちらがいいのでしょうか?
 

私は使い方次第だと思うのです。(玉虫色の回答ですが・・・)

マニュアルはマニュアルで、先人の知恵が詰まったものだから、

まずは試してみる。でも大事なことは、自分の頭を使って考える

ことと、五感をフル動員して感じること。この二つは忘れてはいけ

ない。



営業マニュアルや接客マニュアルを活用する場面は、相手がいる。

マニュアル通り進めても、その時相手がどんな表情をしているのか、

何をして欲しいのかを感じ、考えること。マニュアルはあくまでもその

入り口にしか過ぎないと思うのです。



研修の打ち合わせをしている時、「何を教えてくるのですか?」とか

「〇〇の階層の原理原則は?」みたいな話になることがあるのです

が、「自分で感じ、考える力を身に付けることを伝えます」と答えて

います。



マニュアルはあくまでも補助的なもの。自分で考え、感じる力を鍛え

た方がいい結果を生み出すのです。
 
2015/02/02

アクシア社長のオフィシャルブログ



   

HOME

アクシアスタッフだより

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

のだぶちょーからのお便り

ビジネス数学検定

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録