アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »郷土愛

アクシア社長のオフィシャルブログ

郷土愛

先週からやっと本格的な冬になってきました。雪と乾燥。

冬はこうでなくっちゃ!おっと、また季節の話になりそうなので

話を変えますが、先週は飛行機が東京都心を飛び始めました。

意外と大きい。そしてこんなに飛んでるの?という頻度。

すぐに慣れると思うのですが、飛行機のフォルムは見ていて

飽きない、魅力的ですね。


そんな飛行機で飛ぶのは出張だけでなく、故郷だったりします。

故郷って不思議ですよね。そこに住んでいた期間は短くても

なぜか愛着を持ってしまう。ということを「翔んでさいたま」

という映画を見ていて感じてしまいました。縁もゆかりもないのに

数年間住んでいた埼玉。嫌いになれません。多分好きです。

そんな話をすると神奈川県に住んでいる人は神奈川(横浜?)が

好きだし、千葉県の人は千葉に誇りを持っているし、山形出身の人は、

東北のために何ができるか考えていたり、京都の人はプライド高い

けれど伝統を守る気概があり、大阪の人は秀吉大好き。面白いものです。


自分が育ってきた環境が好きで、そこにいくと落ち着ける。

会社という場もそうあって欲しいなと思っています。

会社に行くと(会社に行っても、かな)落ち着く。会社の悪口を

言われるとなぜだかムカつく。会社のことを語ると嬉しい。

褒められるとウキウキする。会社ってそんな場所になれるんじゃ

ないかなと、結構本気で考えています。


会社を好きになる研修やってます。
 
         

【今週の1冊】

「雨月物語」
 1768年 上田秋成 著
 2006年 角川ソフィア文庫 鵜月洋 訳

この「今週の1冊」がなければ読んでいなかったでしょうね、雨月物語。
ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の怪談の方がメジャーというか
読んだことがある人が多いのではないとか思うのですが、雨月物語
怪奇ものとして、あー、とても面白い。
生き霊、物の怪がこの時代にはリアルな存在としてそこにいたのでしょう。

現代、全てのことがわかったように思ってしまいますが、300年後の
世界から見たら今の時代はどんなに未開で、えっ?そんなこと信じ
いたの?となっているのでしょうね。

この雨月物語の世界、好きです。
 

 

2020/02/10

アクシア社長のオフィシャルブログ

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

HOME

    

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録