アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »違和感を感じる

アクシア社長のオフィシャルブログ

違和感を感じる

今年も残すところあと3週間。平成最後のクリスマス、

年末年始ですね。穏やかに迎えたいですね。


今年は歯の痛みに付きまとわれた年でした。5月に歯の

詰め物が取れてすぐに歯医者に。治療はすぐに終わった

のですが、程なくして冷たいモノがしみるようになり、

ビールを美味しく飲めない辛い日々が、、、。

やっと最近完治しました。


普段歯のことなんて考えませんよね。今日の歯の調子は

どうか?きちんと機能しているのかなんて。それでも

何かちょっとおかしいとすぐに感じることはできる。

何か違和感があるぞ!と。


仕事も同じですよね。何事もなく順調に進んでいる時には

何も感じないけれど、何か引っかかる。ちょっと違う。

そんな時は、一度作業を止めてきちんと考えた方が良さそう

です。何が違うのか、どこがおかしいのか。

そしてそれはその業務の変化だけでなく、自分自身の変化

かもしれません。新しいスキルを習得したら使ってみたく

なります。そうすると今までとは何かが変わって感じる

かもしれない。立ち止まって、新しいスキルに合わせて、

業務のレベルを引き上げた方がいいかもしれませんからね。

 
      

【今週の1冊】

「河合隼雄のカウンセリング講座」
 2013年 創元社 

心理学者であり、臨床倫理学、カウンセリングの先駆者
である河合隼雄の5つの講話がまとめらられています。
先日取り上げた最相葉月のセラピストでも「箱庭療法」が
テーマなのですが、その箱庭療法を日本で初めて導入した
のも河合隼雄。これまで対談集は読んでいたのですが、
このような肉声に近い内容を読んだのは初めてでした。

肉声を聞きたかった。どれほど伝わってくるものがある
のだろう。一つひとつの言葉に重みがあって奥行きがあって
優しさがある。何とも素晴らしい魅力が伝わってきます。

カウンセリングは聞くことが基本。だからこそその人自身が
浮かび上がってくる。そんなことがよくわかります。

人間の口は一つしかない。だからひとつのことしか言えない。
ところが本当は心の中には言いたいことがいっぱいある。
心の中でなっている全ての音を聴きとらなければ心理療法を
やっているとは言えない。

頭が下がります。

 

2018/12/11

アクシア社長のオフィシャルブログ

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

HOME

    

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録