アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »環境を整える

アクシア社長のオフィシャルブログ

環境を整える

先週は久しぶりに、本当に久しぶりに対面リアルでの2日間研修
を実施してきました。リアルの研修は4月の新人研修以来なので、
結構ドキドキなスタートでしたがとても和気あいあいとした
雰囲気で無事終了、ホッと胸を撫で下ろした週末でしたが、この
週末も全国で大雨。そして近くでもゲリラ豪雨。一気に水かさが
ますと怖いものですね。

そのリアル研修の場所は、とある南東北のリゾート地にある
リゾートホテル。自然に囲まれとても居心地のいい空間。
夜窓を全開しても聞こえてくるのは雨音と微かな空調の音だけ。

食材にこだわった食事(この御時世、個食ですが)に温泉。
とてもリラックスできる環境で、これからの会社を担う管理職
の方々と語らいながらの研修。とても良い!

そんな研修会場も朝、部屋入った時にはホテルの人が気を使ってくれて
いたのか、外が見える窓も全て閉じられていて真っ白な空間。
すぐに全開にして、研修生の視線の先には整備された緑の空間が
見えるようにセッティングを変更。
そして、その空間に合わせて研修もゆったりと時間をとって進行
していきました。とてもとてもいい時間でした。

環境ってとても大事なんですね。

課題に集中できる環境。集中するためにはリラックスできる
環境がとても大事。そして考える時間も。

またまた緊急事態宣言が発令されたので、今週からの研修は
全てオンライン。久しぶりのリアル研修で感じた環境の大切さを
オンライン研修でも取り入れていきます。

環境づくりはオンラインでもできますからね。
 
         
【今週の1冊】

「枯木灘」
 1977年 中上健次/著 河出書房新社 

ロシアに戻る前にちょっと寄り道、日本の小説。
1975年の芥川賞「岬」の続編ということなのですが、岬は
読んでおらず、初中上健次作品。一言読んでよかった。

和歌山の山間部の狭い世界、血縁、逃れられない人間関係、
葛藤、衝動、そして、、、
昔はよかった。時間もゆったり流れ、みんな協力して助け合って、
なんてものは幻想の世界でしかない。
昭和の始めのありきたりの世界がそこにあった。深く考えさせられ
ました。

そんな中上健次。調べてみると不安に駆られたときは、
ドストエフスキー全集の任意のページを開き、「通俗小説の文章
じゃないか」と嘲笑して、自分を鼓舞したというエピソードが。

そうか、ここにもまたロシア!また読むしかないのでしょうね。

 

2021/07/15

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録