アクシア社長のオフィシャルブログ

HOME» アクシア社長のオフィシャルブログ »私のFACT FULNESS

アクシア社長のオフィシャルブログ

私のFACT FULNESS

よく夢をみます。毎日ベッドに入るときに「今日はどんな夢を見る
かな」と楽しみにしています。とは言っても、研修の時間なのに
まだ準備できていない(遅刻!)とかテストなのに全く授業受けて
いない。教科書も開いていない!など焦る夢が多いのですが、
時々とてもうれしい夢を見るので総じてみるとプラスでしょう。

そんな夢で最近見たのが、日本の電力を海外に輸出できないか!
ということを日本地図を前にして打ち合わせしている夢。海に
囲まれているから送電線を通すことが出来ないだろう。いや、
海底ケーブルでなど喧々諤々の話し合い。そこで目が覚めました。
なんとも不思議な感じだったので調べてみました。

まずワイヤレス電力送電は技術革新が進んできているということ。
そうですよね。スマホやApple Watchは電源繋がなくても充電できる
ようになっていますからね。

もう一つ調べて驚いたのが、日本の電力の供給量。
原子力はほぼゼロになっているだろうから主力は火力発電である
ことは予想通りだったのですが、原料が石油、つまり石油で
火力発電している割合は全体の8.7%。これは水力発電の8.0%と
新エネルギー(太陽熱等)の8.1%とほぼ同じ。主力は LNGの39.8%
と石炭の32.3%。石炭が主力とは!知りませんでした。
さらに深掘りしていくと面白いですね。なぜ石油からLNGや石炭
なってきたのか、環境汚染を考えると石炭でいいのか、などなど。
考える題材がたくさん出てきます。
石炭?環境汚染の元凶だからダメだ!ではなく、実際はどうなのか
そしてこれからのエネルギー政策はどうなっていくのか、などなど

今週の一冊で「FACT FULNESS」を取り上げたのが2019年の1月。
印象ではなく、事実をみよ!と教えられたのに、どうしても
なんとなくのイメージで考えてしまっているのですね。過去の知識
をいかにバージョンアップしていくことが大事なのか、そして、
二次情報、三次情報を鵜呑みにしてはいけないかに気付かされました。
こんなことを考えることができるのも、FACT FULNESSを読んで
いるから。やはり本は偉大です。
 
【今週の1冊】

「赤と黒」
 1980年 スタンダール/著 
 2007年 野崎歓/著 光文社古典新訳新書

古典に戻ってきました。19世紀中期フランスでの実際の事件を
ベースにした物語。貧しい出身であるが、才能と美しさを備えてい
主人公ジュリアン・ソレル。その才能を評価し引き立てる貴族たち
その美貌に惹き寄せられる女性たち。こう書くと人生を好きなよう
生きるちょっと嫌な奴っぽいのですが、もう悩みに悩んで、悲しい
結末を迎えてしまう。確かに理屈っぽくてめんどくさい奴なんです
けどね。ソレルって。

まあ、いつの時代も人の心ってわからないものですね。悩み苦しみ
普通なら考えられないように行動したり(どう考えても合理的
ではない)、言わなくていいこと言ってみたり。

そうそう、やはり古典は時代背景も考えながら読むと面白いですね
逆に時代背景がわからないと理解できないところが出てくる。

最後に訳が残念で苦労しました。カラマーゾフの時は、同じ人の
名前がころころ変わることの苦労しましたが、呼び名によって
関係性が伝わることがわかってからすいすい読めましたが、この訳
ちょっと違うかなと。今度は別の訳で読んでみます。

 

2020/11/10

アクシア社長のオフィシャルブログ

    

HOME

アクシアスタッフだより

アクシアはオンライン(Zoom)研修の全てをサポートできる研修会社です

社員研修・人材育成

研修実施報告

セミナー情報

会社概要

講師紹介

お問合せ

 

    


メルマガ会員登録